脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » ボケ防止・物忘れ対策のための脳の活性化方法

ボケ防止・物忘れ対策のための脳の活性化方法

脳を活性化させてボケや物忘れを予防する方法をまとめています。

ボケ・物忘れの予防に重要なこととは?

最近の研究で私たちの脳は20代から少しずつ衰え始めることが明らかになってきました。歳を重ねるごとに記憶力が低下していくことは、その時期に個人差があるものの誰しもが経験する老化現象の1つ。

しかし、ボケないために日頃からどんな予防をすれば良いのか、具体的な方法が分からないといった人も多く、積極的に予防をしている人は少ないようです。

脳を衰えさせないためには、毎日の生活習慣がとても重要!ここでは脳の老化を進行させないためのアンチエイジングをまとめてみましたので、これからのボケ対策に役立てて欲しいと思います。

ボケ予防に効果的な生活習慣とは

  • 生活パターンを変える・・・生活リズムの乱れはさまざまな病気を引き起こしてしまう原因となり、脳の健康維持にも密接な関わりがあります。
  • 食事に気を使う・・・食事から摂取する栄養素はとても大切!脳の活性化に役立つ食べ物を取り入れることでボケの防止にも役立ちます。
  • 充分な睡眠をとる・・・睡眠は身体だけでなく脳を休めるためにも必要で、脳の活性化にも繋がります。
  • 適度に運動する・・・運動は脳を活性化する効果もあることが分かっており、毎日継続することで心身ともに健康な身体に導いてくれます。
  • 指先を動かす・・・手にはたくさんの神経が集まっているので、指先を刺激することで脳が活性化するそうです。
  • 脳トレ・ゲームをする・・・脳は慣れないことをすると強く刺激されるので、こうしたものを行う時間を作るようにしましょう。

物忘れ・ボケを引き起こす原因

原因の一つは加齢。人は20代を境に脳細胞が減少し、歳とともに衰えていきます。物忘れとそれに伴う記憶力、判断力、適応力の低下が、ボケの原因となります。

加えて、日々の精神的なストレスも物忘れの原因に。過度の緊張や周りからのプレッシャーにさらされると、物忘れも起きやすくなります。ストレスを取り除くことがボケ防止につながります。

生活に支障をきたすようだと、認知症や脳しゅようといった重い病気の可能性も。その兆候が見られるようなら、医療機関の受診を早めにしてください。

「物忘れ・ボケを引き起こす原因」

こんな症状に注意

目安として、「忘れた」「思い出せない」という症状です。人や物の名前、シチュエーションなど、具体的にすぐ思いつかないのは要注意。

これらの症状以外でもおかしいと感じたり、気になる症状がある場合はすぐ専門医を訪ねた方がよいでしょう。

症状自体も注意すべきですが、単に老化現象や加齢によるものと放置することも危険です。早期発見であればあるほど回復の見込みは高いので、普段から自分の体調の変化や症状を意識しましょう。

「こんな症状に注意」

生活パターンを変える

脳が衰えるスピードを遅くするために、毎日の生活習慣を振り返ってみましょう。

積極的に新しい情報を取り入れ、脳の海馬を刺激することがボケ防止に有効な方法といえます。もう少し具体的にいうならば、いつもとは違うことをしてみることです。

おすすめは、向上心を持って新しいことに取り組む、旅行などのレジャー、人前に出る、ボランティア活動に参加するなど、積極的にいつもと違う行動をとることが、認知機能を正常に保つ一歩となります。

まずは、自分の好きなことや出来そうなことから行ってみましょう。

「生活パターンを変える」

食事に気を使う

人の脳は、体重の2%の重さしかありません。ですが1日に摂取したエネルギーのうち、18%も消費します。脳のエネルギー源はブドウ糖のみ。炭水化物はブドウ糖を多く含んでいますので、きちんと摂取していきましょう。

さらに、脳内の情報伝達をスムーズにするレシチンを多く含む大豆食品や、脳神経の発達や維持に欠かせない栄養素のDHAが含まれる魚(特に青魚)、その他にカカオ(チョコレート)、ベリー類、緑茶も脳に良い作用をもたらしてくれます。

必要な栄養素を日ごろの食事で補えない場合は、サプリメントを活用してみて下さい。

「食事に気を使う」

充分な睡眠をとる

質のいい睡眠が大事です。睡眠の質を向上させるポイントは以下の通りです。

  • 就寝と起床の時間を規則的に行うこと。昼寝や仮眠は30分~1時間が目安。
  • 就寝前はリラックスを心がけましょう。理想は落ち着いた時間を過ごしてから眠ることです。
  • 暗くて落ち着いた部屋といった、快適な睡眠ができる空間を作ること。
  • 適度な飲酒はいいのですが、飲み過ぎると質のいい睡眠には逆効果です。
  • レム睡眠時間の起床は熟睡の感覚が得られるので、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を意識した睡眠サイクルをつくってみましょう。

これらのポイントを意識して、自分の睡眠習慣を整えるとよいでしょう。

「充分な睡眠をとる」

適度に運動する

有酸素運動などの適度な運動は、効果が高いです。具体的な方法は以下の通り。

  • 踏み台昇降運動は、脳機能の改善・心肺機能の向上に効果的です。
  • ウォーキングは、外を歩くことがお勧め。1日30分程度、周囲の景色の変化や目を使って情報を取り入れましょう。そうすると脳にいい刺激となります。
  • ラジオ体操やエアロビクス。リズムに合わせて体を動かし、脳を活性化。高齢者に中強度のエアロビクスをしてもらったところ、認知機能の向上が確認されました。
  • 簡単な筋トレ、柔軟体操。筋肉が鍛えられるだけでなく、基礎代謝の向上や肥満、生活習慣病の予防・改善につながります。
  • 運動は、徐々に、マイペースを心がけて行いましょう。

「適度に運動する」

指先を動かす

脳によい指先の運動で大切なことは、両手を同時に使うこと、指をすばやく動かすこと、いつもと違う動きをすることです。より効果的な方法は、楽器演奏、手工芸、料理が挙げられます。

ピアノやキーボード、ギターの楽器演奏では、すべての指がバラバラに動かせるので、脳を鍛えることに効果的です。手先を細かく動かす手工芸もおすすめ。年齢を問わず、誰でも楽しむことができます。料理は指を使うことに加えて、手順や段取りを考えアイデアを練ることが、脳の活性化に有効です。

また、すぐにできる方法として、色々な指体操があります。例えば、指そらし、グーパー運動、1人ジャンケン、指折り、指回しなどです。手軽にできるので、試してみてくださいね。

「指先を動かす」

脳トレ・ゲームをする

脳を鍛えるための効果的な方法が、脳トレやゲームです。誰でもいつでも簡単にできて、楽しめるものを具体的に紹介していきます。

まずパズルですが、認知症予防に有効です。よいパズルを選ぶコツは、年齢に応じた難易度を選択すること。計算や読み書きは、日常生活の中に取り入れやすく、簡単に行えます。麻雀・囲碁・将棋・オセロは、対戦相手とコミュニケーションを取りつつ、遊びながらできる脳トレです。

思考しながら遊ぶことは、脳の活性化につながります。

「脳トレ・ゲームをする」

このカテゴリでは、これらの生活習慣の具体的な方法を解説しながら、ボケのセルフチェックや物忘れ・ボケを引き起こす原因についても紹介していますので参考にしてくださいね。

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド