脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » ボケ防止・物忘れ対策のための脳の活性化方法 » 適度に運動する

適度に運動する

ここでは、脳の活性化のために取り入れると良い運動方法やボケ対策や物忘れ防止に役立つ体操を紹介します。

ボケ防止に運動がいい理由

運動をすることで、脳神経細胞の再生を促す効果があると判明したのです。今までは脳神経細胞は生まれ変わらないと言われており、何をしてもボケてしまうと言われていました。

ですが、新しい研究によって脳で記憶をつかさどる海馬(かいば)という部位では、少しずつですが細胞が新しくなっていることが判明。

それ以外に判明したのが、海馬の神経細胞にいい影響を与えるのが運動ということです。

運動をすることで、脳にさまざまな栄養が脳に送られます。そのなかでも、ボケ防止に欠かせないのがBDNF(脳由来神経栄養因子/のうゆらいしんけいえいよういんし)です。

BDNFの働きは脳の神経を成長・再生させることと、ストレスのダメージから守ることです。他にも、神経間のつながりを整える効果もあり、認知機能を高めることもできます。

これらの働きによってボケ防止ができますし、BDNFは有酸素運動を行うことで増えるのです。

アメリカでは健康な高齢者達を対象に、アルツハイマー型認知症と歩行距離の関連性について調査しました。

1日に歩く距離が短い人達は、距離が長い人達に比べて認知症を発症する可能性が高くなるということが分かったのです。

他にも、フィンランドの研究でも、運動を行うことで認知症の発症する可能性を抑えてボケ防止に効果があると判明しました。

このような研究結果からも、運動をすることでボケ防止になることが判明しました。科学的に証明されていますから、将来のためにも運動を始めてみてください。

ボケ対策や物忘れ防止に役立つ脳を活性化させる運動とは?

ラジオ体操適度に運動すると、体内に摂り込まれた酸素やブドウ糖の多くが脳に送られ、神経成長因子や脳由来神経栄養因子が生成されて脳細胞の新生と成長を促してくれます。

また脳は、有酸素運動と同時に頭を使う事で活性化するので、やる気や集中力が増すとも言われています。なんと、運動の前後で学習や作業の効率を比べたところ、運動後の方が効率が上がったという調査報告もあるほど、適度な運動が脳の活性化に効果的であることも分かっています。

どんな運動をどれくらい行えば脳を活性化させることができるのか、以下にまとめてみましたので、ぜひ役立ててください。

脳が鍛えられる運動方法

  • 踏み台昇降…右足を踏み台に乗せ、次に左足を踏み台に乗せ交互に昇ったり降りたりを繰り返す踏み台昇降運動。シンプルな運動ながらも、脳機能の改善・心肺機能の向上に効果的な運動です。
  • ウォーキング…1日に30分程度、自分の足で歩き進めることで、周囲の景色がどんどん変化していきます。さまざまな情報が目に入ってくるので、それだけでも、脳への刺激になります。また、看板の文字を読みながらや、少し考え事をしながら歩くことで、さらに効果的に脳を鍛えられます。
  • ラジオ体操・エアロビクス…リズムに合わせて体を動かすことは、脳の活性化につながります。さらに高齢者に中強度のエアロビクスを行わせたところ、認知機能が高まることが確認されています。
  • 簡単な筋トレ・柔軟体操…筋トレをすると、脊髄と筋肉につながっている「筋紡錘」という感覚器官が鍛えられます。それ以外にも基礎代謝が上がるので、肥満や生活習慣病の予防・改善にもつながります。

有酸素運動をすることで、脳機能を高めてボケ防止ができます。酸素を取り込むことで血液の流れをよくして、脳内に酸素を含んだ血液を送ることができます。

酸素によって脳の働きをよくして、記憶力を高める効果があるのです。ですから、簡単にできる有酸素運動であるウォーキングがボケ防止に必要でしょう。

ウォーキングには他にも効果があって、血液の流れを改善する効果が挙げられます。歩くことで血液の量が増え、血行促進によって脳の機能が向上します。さらに、善玉コレステロールを増やす効果もあって、動脈硬化の予防ができるでしょう。

また、動脈硬化が起こると、血液の流れが悪くなって脳に負担をかけてしまうでしょう。それを防ぐためにも、ウォーキングが効果的です。

散歩や趣味のスポーツをするために出かけ、その習慣を続けることがストレス解消や気晴らしにつながります。また、同じように運動している人との交流もできるので、様々な刺激を受ける可能性があります。

これらの運動を習慣づけるためには、「マイペース」を保つことが大切!最初から無理に動くのではなく、まずは自分が出来ることから徐々に始めていきましょう。

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド