脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » ボケ防止・物忘れ対策のための脳の活性化方法 » 脳トレ・ゲームをする

脳トレ・ゲームをする

ここでは、脳トレやゲームをすることで脳の活性化に役立つことやボケ防止や物忘れ対策の方法となることを解説しています。

ボケ防止や物忘れ対策に脳トレやゲームは脳の活性化に効果的!

認知症予防は高齢者だけのものではありません。近年、脳を鍛えるということで、年齢を問わずに楽しめる脳トレゲームが話題となっています。 

脳トレは日常生活のなかで意識すれば、誰でもいつでも簡単に行えるのです。

高齢者になってからではなく、早くから脳を働かせる生活として取り入れて欲しいオススメの脳トレ方法をまとめてみましたので、参考にしてみて下さいね。

ただし、楽しんでできるものを選ぶようにしてください。いくら効果的でも、楽しめなくては逆効果。ストレスを溜めると脳に良くないですよ。

脳を活性化させる脳トレ方法

  • パズル

パズル認知症予防にはパズルが有効であると、トロント大学が研究結果を発表しています。

たった一度完成したから良い、というものではなく、継続することが重要。どんな形の物でも構わないので、年齢に応じた難易度を選びましょう。

数字を用いてパズルを解くナンバープレイス(数独)も、脳の活性化に効果があるようです。

  • 計算をする

人間の脳に備わっている認知機能の一つ、「計算」。これを低下させないためには、日ごろから頭の中で簡単な計算を、素早く行うことが大切です。

最も手軽なのは、スーパーやコンビニでの買い物時、レジに並んでいる間に、おおよそでいくらになるか計算することです。

合計いくらになるのか、手持ちの現金で会計するとお釣りはいくらになるのか、など、計算しながら買い物することで、脳の活性化だけでなく、お財布のスリム化も図れます。

  • 読み書きをする

小学校でも一人に1台のパソコンが用意されるところがあるほど、OA化が進んでいる現代は、紙に文字を書く機会が少なくなっています。

新聞に掲載されている短いコラムの書き写しや音読など、書く事、声に出して読む事が脳の刺激につながります。

誰でも出来る簡単なものかもしれませんが、意外と漢字を忘れてしまっていると気付く場合が多いので、脳の良い刺激になりますよ。

  • 麻雀・囲碁・将棋・オセロ

囲碁相手の手の裏やその先の手を読むゲームは、考えながら遊ぶので、脳の活性化に有効です。

楽しんで遊ぶとさらにその効果が高まると言われているので、対戦相手とコミュニケーションを取りながら、遊び感覚でできる脳トレとしてオススメの方法です。

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド