脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » ボケ防止・物忘れ対策のための脳の活性化方法 » 物忘れ・ボケを引き起こす原因

物忘れ・ボケを引き起こす原因

ここでは、加齢に伴う脳機能低下の症状の1つである、物忘れやボケを引き起こす原因について説明しています。

20代から始まる加齢によるボケや物忘れの原因

脳の細胞は年齢を重ねるごとに減少していき、歳を取るにつれて加齢性の物忘れが増えてきます。

中でも物忘れの原因の多くは「加齢」だと言われており、20代を境に脳細胞は減少し、それに伴って記憶力も低下していくのです。

定年退職や子供の独立などで、生活が一段落する60代になると、記憶力に加えて判断力や適応力なども鈍くなっていき、物忘れが起こりやすくなってしまうので、早い段階で予防対策を行うことが重要になってきます。

精神的なストレスにも要注意!

人間はストレスにさらされている状態での集中力は落ちやすいと言われ、同様に、理解力や記憶力も低下します。そのため、必要以上に大きなストレスを感じ続けた人は、物忘れが起きやすいと言われています。

現代社会において精神的ストレスは誰しもが抱えている症状でもあり、疲れがたまっているなと感じたら、時にはしっかりと休息をとるようにしなければなりません。

必要以上に緊張したり、周囲からのプレッシャーがかけられると、非常につよいストレスを感じます。そのままの状態が続くと、嫌な記憶を忘れようとするので、自分の体験したことが正しく記憶されません。これを防ぐためには、ストレスに対抗する生活習慣を心がけることが大切です。

ストレスは避けようがないものと思われがちですが、精神の安定を促す脳内物質であるセロトニンは、ストレスに強い身体を作るための栄養素で、精神面での不安を取り除き、気分の低下を防することから「幸福ホルモン」とも呼ばれています。

精神的疲労の回復にはセロトニンを増やすことが重要。忙しい時こそ、趣味や自分なりのストレス解消法を見つけて上手く発散して欲しいと思います。

重度の物忘れは認知症などの病気の恐れもあり

病気が原因の物忘れは、記憶の深い部分で現象が起こるので、ひどくなると生活に支障をきたすようになってきます。

物忘れ以外にも意欲の低下が起こるようになり、外出しない・気分がふさぎ込むようになるといった傾向が見られるようになります。

認知症や脳腫瘍、慢性硬膜下血腫など脳の疾患を患っている可能性もあるので、ご家族がこのような状態になっていたら、いち早く医療機関の受診をおすすめします。

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド