脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » ボケ防止・物忘れ対策のための脳の活性化方法 » 生活パターンを変える

生活パターンを変える

ここでは、物忘れ対策やボケ防止に有効な方法のひとつとして、生活リズムの変更方法を紹介しています。

物忘れ対策やボケ防止に役立つ脳の活性化の方法とは

脳は常に衰えていく器官ですが、毎日の生活習慣によってその衰えのスピードを和らげらることはご存知ですか。

記憶を司る海馬を強化して脳を活性化することが、物忘れやボケを防止するカギ。海馬は衰えやすい反面、使えば使うだけ若い細胞を生む出すため、脳を若返らせることにもつながります。積極的に新しい情報を取り入れて、海馬を刺激することがボケ防止に有効な方法なのです。

生活のマンネリ化は脳に悪影響を及ぼす

脳を活性化させるためには、いつもの生活パターンを変えるだけでもいいのです。「いつもと違う」それだけで物忘れやボケの防止に役立ちます。

慣れた環境は安心出来て快適なので、新しい刺激を得てマンネリ化している日常を変えることは、初めは大変と思うかもしれません。しかし、ちょっとしたことで今までにない情報や習慣が身に付けられるので、思い切って自分から行動を起こすといいでしょう。

もし、自分1人だけでは躊躇してしまうようなことなら、友人や配偶者を誘ってみては?気の合う人が一緒であれば取り入れやすいこともあるので、色々な方法を試してみると良いかも知れませんね。

脳を活性化させるオススメの生活習慣

  • 向上心を持って常に新しいことを学ぶ
  • 行ったこの無いところに旅行したり出かける
  • 好きな歌を歌ったり、人前で何かを行う
  • 自分より頭の良い人や特技を持った人と積極的に接する
  • 生活に変化をつけるために積極的にいつもと違う行動をする
  • ボランティア活動に参加してみる

レジャーは特に頭や体は使わなくとも、脳を楽しく刺激して認知機能の低下予防になったり、高い目的意識を持つことで認知機能の維持に役立つことが報告されています。

笑う機会を増やすということも脳にはとても良いということが明らかになっているので、まずは好きな事や出来そうなものから自分のライフスタイルに加えてみてはいかがでしょうか。

 

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド