脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » 認知症の症状・予防完全ガイド

認知症の症状・予防完全ガイド

ここでは、認知症がどんな病気かを知ることで、自分自身の予防対策はもちろんのこと、身近な人が認知症を患った場合の対応方法などをまとめてみました。

症状別の認知症と予防法をリサーチ

加齢によるもの忘れとは違い、正常だった脳の働きが徐々に低下してしまう認知症にはいくつか種類があります。

認知症は老いに伴う病気の1つ。なので、誰にでも起こりうる現代病です。しっかりと正しい知識を身につけて、いざという時のために備えておきましょう。

  • アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は女性に多く見られ、認知症の症例の半分以上を占めています。最も多くの方々が発症しており、記憶障害や判断能力の低下などが現れる病気です。

進行を抑えるためにはとにかく早期の発見と治療が大事。また、予防方法としては生活習慣を見直して、規則正しい生活を送ることがポイントとなっています。

  • 脳血管性認知症

脳内で血管が詰まったり、出血したりすることで、脳細胞がうまく働かなくなってしまうことが原因と言われています。アルツハイマー同様、患者が多く、その中でも比較的、男性の症例が多いことが特徴です。

脳梗塞などの疾患にならない事が1番の予防策。生活習慣病を患っている方や、ストレスに弱い方は注意が必要な認知症です。

  • 前頭側頭葉変性症

脳の前頭葉や側頭葉の委縮によって起こり、若い人でも発症する認知症です。患者数が少なく、原因や判別方法が確立されていないのが現状。早期発見が難しい認知症とも言われています。

  • パーキンソン病

1,000人に1人の割合で発症し、特に40歳から50歳以降に顕著な症状が見られる病気です。詳細な原因が分からないままゆっくりと進行していき、震えや筋肉が固くなるなどの運動障害が出てきます。

予防するためには、日頃からの適度な運動が有効と言われているので、しっかりと身体を動かすことを心がけていきましょう。

  • レビー小体型認知症

女性よりも男性が発症しやすく、アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症と合わせて三大認知症とも言われます。この症状の特徴としては病気の初期段階から幻視が多く見えるということ。

早期に診断ができれば、症状の改善が期待できると言われています。

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド