脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » 認知症の症状・予防完全ガイド » アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症

ここでは、アルツハイマーの症状に関する基礎知識や、有効であると考えられている予防方法について説明しています。

アルツハイマーの症状が現れる前に行いたい予防対策

老婦人日本では現在、高齢者(60歳以上)の方の10人に1人が認知症を発症していると言われています。その中でもアルツハイマー型認知症は、症例数全体の65%も占めており、女性に多い認知症として知られています。

脳にβ-アミロイドやタウと呼ばれる、特殊なたんぱく質が溜まることで起こるアルツハイマー型認知症。発症すると神経細胞が炎症を起こし、壊れて減っていく為に、スムーズに神経伝達が出来なくなってしまいます。

アルツハイマー型認知症の進行は、比較的緩やかと言われています。ですが、今の段階では完治のための決定的な治療方法は発見されていません。

また、症状が進行すると記憶障害や抑うつ状態、人格変化、判断力の低下といった症状が同時に現れてくるので、早い段階で治療を受けることが大切。もちろん、予防することも重要です。

意識的な食生活の改善でアルツハイマーを予防

アルツハイマーになる原因は、残念ながらはっきりと解明されていません。ですが、生活習慣を見直す事が予防につながると考えられています。

では、どのような予防策があるのか、見てみましょう。

  • 意識して食物繊維を摂る

アルツハイマーの予防には、血糖値の上昇を抑える事が必要不可欠。食物繊維は摂取した食べ物の吸収を、穏やかにする作用があるので、血糖値の上昇が抑えられます。

  • 塩分を控える

塩分を摂りすぎると血液量が増えて、血圧が上がってしまいます。そのため、塩分の過剰摂取を続けていると、高血圧症になる可能性が跳ね上がります。高血圧の人は正常の人と比べて、3倍もアルツハイマーになりやすいと報告されています。

  • 良質なたんぱく質を摂る

より良質なたんぱく質を摂るならば、魚を食べることが重要。特に青魚であれば、DHAやEPAといった、血液サラサラ成分が含まれているので、特におすすめ。これらの成分は認知症予防に効果が高いと言われており、ごく初期のアルツハイマー型認知症であれば、処方薬を使わなくても、症状を抑える研究が進んでいます。


食べ物をよく噛むと、顔や頭の様々な筋肉が動きます。そのため、脳幹や大脳が刺激され、脳を活性化すると言われています。

毎日規則正しい食生活は難しい場合でも、認知症の予防に有効と言われる成分が配合されたサプリメントもあるので、上手に活用していきましょう。

そもそもアルツハイマーとボケは別物

ボケ(物忘れ)とアルツハイマー型認知症は、全く別物です。

ボケ(物忘れ)は加齢による脳の老化により、脳機能が低下すると多くなってきます。これは加齢に伴う自然な現象です。

体験は記憶しているので、「忘れた」という認識があります。ボケ(物忘れ)の場合には、映画のワンシーンは記憶にあるのでセリフの一部だけ忘れても、ヒントなどがあれば思い出す可能性があります。

しかし、アルツハイマー型認知症の場合は、脳の神経細胞が壊れて減る病気で、脳の萎縮や海馬の病変が見られます。

記憶する海馬が正常に機能していないので、自身で行ったことを体験として覚えていません。

そのため、「忘れた」という認識はなく、その体験をしているはずの記憶がすっぽりと抜け落ちている状態になります。

アルツハイマーの患者の場合、映画のワンシーンが丸々カットされて次のシーンに繋がってしまったような状態になっているため、ヒントを与えても思い出すことができないのです。

このように、加齢によるボケ(物忘れ)と、脳が細胞死によって萎縮するアルツハイマー型認知症は、同じ記憶に関する症状でも、詳細な症状や発症する理由が大きく異なります

アルツハイマーとボケの違い

アルツハイマー型認知症の症状

  • 物忘れをしている自覚がない
  • 生活体験の全体を忘れている
  • 何度も同じことを尋ねる
  • 自分がいる場所や時間が分からなくなる
  • 被害妄想や幻覚・錯覚が起きる
  • 判断力・認識力が低下する
  • 意欲がなくなる
  • 怒りっぽくなる

アルツハイマー型認知症は、認知して情報を理解し学習する能力、新たに記憶する能力に障害が起こる傾向があります。

認知・理解能力が下がるので話している内容理解や、他人の認知ができないなどの症状がでることがあります。

新たにした体験の記憶がないことで、自分のいる時間や場所が突如分からない状態になり、ひどく混乱することもあります。

さらに過去の記憶を再生する能力は残るので、過去に受けた体験のフラッシュバックが起こるなどの症状もあります。

また不安感・幻覚や幻聴などが起こるので、こうした症状により、家族の介護が難しくなることが多い病気です。

ボケ(物忘れ)

  • 物忘れを自覚している
  • 一部買い忘れなどが起きる
  • 日常生活に大きな支障がない
  • 体験は覚えているが一部を忘れる
  • 日付や曜日、数字などを間違える
  • ヒントを与えると思い出せる
  • 探し物を探すことができる
  • 幻覚や幻聴はない

ボケ(物忘れ)の場合、新たに体験した記憶や認知力などは正常に働いています。その部分の再生にのみ一部機能低下が見られるため、思い出せないといった現象が発生します。

体験は覚えているので、ヒントを与えて思い出させると納得します。幻覚や錯覚、被害妄想はないので、話が通じないほどの状況になることは通常ありません。

日常生活を問題なく送ることができ、思い出す工夫をすることで物忘れの増加を予防することができます。

アルツハイマー型など、認知症の改善が期待できる
フェルラ酸配合サプリメントを紹介しています

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド