脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » 認知症の症状・予防完全ガイド » 脳血管性認知症

脳血管性認知症

ここでは、脳血管性認知症の症状の特徴や効果的な予防方法、有効なサプリメントなどをまとめて紹介しています。

脳血管性認知症の症状と効果的な予防方法

脳クモ膜下出血や脳卒中など、脳の血管障害が原因で起こる脳血管性認知症。脳卒中を発症して3ヵ月以内の人のうち、20~30%が発症すると言われています。また、脳血管認知症の患者の多くが脳梗塞の発症後に、認知症になったというデータもあります。

特徴的な症状として、めまいやしびれ、言語障害、麻痺、知的能力や判断能力の低下などが現れるようになります。

段階的に症状が悪化していくことも特徴のひとつで、中には、症状の悪化と回復を繰り返すケースも。生活習慣が乱れていると、脳血管へのダメージが大きくなるので、高脂血症や高血圧の予防が、脳血管性認知症の予防にもつながると言われています。

脳血管性認知症で起こるまだら認知症

脳血管性認知症は、障害が起こった部位によっても症状が異なります。読解力や判断力が保たれており、人格はしっかりしているように見えても、記憶力が低下してるといったような「まだら認知症」になる可能性もあります。

まだら認知症は、時間やタイミングによって、認知症の症状が出たり 出なかったりする症状のこと。厳密には認知症と分類されていませんが、脳血管の異常によって起こります。

また、本人も気づかない程度の軽い脳梗塞が起こると、その部分だけ脳に障害を受けてしまいます。そのため、「まだら認知症」の症状が見られることで、家族や周囲の人が脳梗塞に気付くケースもあります。

脳血管性認知症を予防するには

普段の心がけ次第で、ある程度は発症を予防できると考えられている脳血管性認知症。脳梗塞や脳出血の原因となる動脈硬化の予防が大きなポイントとなります。

動脈硬化は生活習慣が乱れることで起こりやすくなり、さらに一度発症すると何度も繰り返すことが多い病気。そのため、動脈硬化を抑えられるように、生活習慣を見直す必要があります。

バランスのとれた食事や質の良い睡眠、適度な運動を取り入れることで、発症の可能性を減らせると考えられています。

また、脳機能や血流の改善効果が期待できる成分・フェルラ酸が含まれたサプリメントを取り入れることも、検討してみてはいかがでしょうか。

脳血管性認知症など、認知症の改善が期待できる
フェルラ酸配合サプリメントを紹介しています

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド