脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » 認知症の症状・予防完全ガイド » 前頭側頭葉変性症

前頭側頭葉変性症

ここでは、前頭側頭葉変性症の特徴や原因、症状緩和が期待できる方法について紹介しています。

前頭側頭葉変性症の気になる症状と予防法

前頭葉脳の一部が委縮して起こる前頭側頭葉変性症。以前はピック病という名前で呼ばれていたケースもある病気です。アルツハイマーやレビー小体型に比べて症例が少なく、研究があまり進んでいないため、脳が委縮する前の初期段階では、的確な診断が困難と言われています。

脳が委縮するという点ではアルツハイマーと同じですが、この病気で萎縮するのは前頭葉と側頭葉という大脳の一部。前頭葉は、意思や思考、感情をコントロールし、側頭葉は言葉を理解・記憶する役割があり、聴覚や嗅覚も司っています。そのため、これらの器官に異常が起こると、人格障害や記憶障害が引き起こされます

前頭側頭葉変性症はいくつかの病気の総称として、医療関係者に認識されています。前頭側頭葉変性症に含まれる疾患としては、性格の変化や理解不能な行動をが見られるピック病や、急激な筋力低下・筋委縮が起こる運動ニューロン疾患といったものがあります。

前頭側頭葉変性症の主な症状

  • 同じ行動を繰り返す…物忘れによって時刻や食事の内容を確認するのとは異なり、「いません」「あります」など、その場とは関係ない言葉を繰り返して発します。また、決まった時間に決まった場所に行くこともあります。
  • 異常な食事…毎日同じメニューを食べたがるようになります。また、味付けが濃くなり、砂糖や塩などの調味料を平らげてしまうこともあります。量に関しても異常に食べたがり、冷蔵庫の中を食べ漁る、ということもあります。
  • 自発性や集中力がなくなる…人の話を聞く際にじっとしておらず、飽きっぽくなります。また、汚れていてもお構いなしで、身なりに気を使わなくなります。さらに、それまで興味を示していたものにも無関心になります。
  • 言葉が出にくくなる…相手が言った言葉をオウム返しすることが増えます。言いたい言葉が出にくくなるため、会話がスムーズに出来なくなり黙ってしまうことが多くなります。
  • 思うままに行動する…ルールやマナーを無視して、「やりたい」と思ったことをそのまま実行するようになります。万引きや痴漢で捕まっても罪悪感を感じることが無く、反省もしません。もちろん、交通ルールも平気で無視するようになるので、外出時には注意が必要です。

有効な予防方法とは

前頭側頭葉変性症は前述の通り、明確な原因がわかっておらず、症例自体が少ないために研究も進んでいません。そのため、的確な治療法や特効薬も、開発が待たれています。

現時点では、基本的な認知症ケアを前提に予防・対策を行うことがベター。基本的なケアと並行して、認知症に有効なフェルラ酸サプリメントの活用も検討してはいかがでしょうか。

前頭側頭葉変性症など、認知症の改善が期待できる
フェルラ酸配合サプリメントを紹介しています

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド