脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » 認知症の症状・予防完全ガイド » レビー小体型認知症

レビー小体型認知症

ここでは、レビー小体型認知症の主な症状や予防方法について紹介。どのような人が発症しやすいのかも解説しています。

レビー小体型認知症の特徴と効果的な予防策

認知症イメージレビー小体型認知症は、国内の認知症患者のうち、約20%の人がかかっている患者数の多い認知症です。アルツハイマー型と比べると男性患者が多く、また、世界的にも発症頻度が高くなっている認知症のひとつです。

症状を引き起こすのは、神経細胞に出来る特殊なたんぱく質「レビー小体が原因です。このレビー小体が脳の広い範囲に異常に溜まり、脳の神経細胞が徐々に減っていくのです。

初期段階の大きな特徴として挙げられるのは、割とはっきりとした幻覚が現れる点です。これは、脳内の記憶を司る箇所と情報を処理する箇所が、萎縮するために起こると言われています。これらの症状が見られてから、徐々に記憶障害といった認知症共通の症状が出てきます。

さらに進行すると、次第に手が震える、動作が鈍くなるといったパーキンソン病に似た運動障害が出てきます。

レビー小体型認知症を完治させる・進行を遅らせる特効薬は、今のところありません。ですが、早期に診断されれば症状が改善する可能性は十分にあるので、何か気になる症状が出てきたらすぐに医療機関を受診しましょう。

症状の予防と改善策

レビー小体型認知症は、薬に対して過敏性があり、人により激しい副作用が出ることがあるので、なってからの治療よりも、なる前の予防対策を行うことが大切です。

どんなことが予防や症状の改善に役立つのかまとめてみましたので、日常の過ごし方に意識を向けて過ごして欲しいと思います。

  • 身体を動かす…レビー小体型認知症では自律神経障害が起こりやすく便秘になりがち。疲れない程度に身体を動かすようにしましょう。
  • 人と会話する…積極的に会話をすることは、脳の機能を活性化するのに効果的です。また、身だしなみにも気を配るようになるので、定期的に人と会う機会を設けると良いと思います。
  • 和食中心の食生活…バランスよく色々な栄養を摂ることが重要です。不規則な生活で食生活が乱れていると感じたら、食生活を見直すとともにサプリも利用してみましょう。

レビー小体型などの認知症改善が期待できる
フェルラ酸配合サプリメントを紹介しています

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド