脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » 認知症の症状・予防完全ガイド » パーキンソン病

パーキンソン病

ここでは、パーキンソン病の症状の特徴や予防対策としてどのようなことを行えばよいのかを解説しています。

パーキンソン病の症状と有効な予防対策とは

脳神経系の病気の中でもっとも患者数の多い疾患であるパーキンソン病は、日本国内で15万人以上の患者がいると言われています。40歳以降の患者が多く、50代後半から60代が発症のピークです。

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質であるドーパミンが減少することで起こる病気で、主な初期症状として、じっとしているときに、1秒間に5回程度と規則的に手足が震える「ふるえ」、生活に関わるすべての動作がゆっくりになる「無動」、手足の筋肉が強張ってスムーズに動けなくなる「固縮」、姿勢のバランスが取り辛くなる「姿勢障害」の4つが挙げられます。

症状は徐々に進行していくので、周囲が気付いた時には1人では日常生活も難しい、というケースも少なくありません。また、動くことが難しくなるので、発症後に適切な治療を受けなければ、寝たきりになってしまうこともあります

しかし近年では、新しい治療法や新薬の開発が進み、症状が改善するケースも増えてきました。処方薬の服用で症状をうまくコントロールできない場合は、手や足の動きを司る脳の一部を切り取ったり、電気信号による脳への刺激といった外科的治療も採用されています。

ドーパミンを増やしてパーキンソン病を予防

パーキンソン病の原因と考えられているドーパミンの減少。これを防ぐためには、ドーパミンを増やすことが有効と考えられます。

薬による治療では、効果が現れるまでに時間がかかる、吐き気や意思とは無関係に体が動く、精神症状などの副作用が出るケースも多いので、可能な限り、日常生活の中でできる予防・改善方法を取り入れましょう。

おすすめのドーパミンの増やし方

  • 良く笑うこと…笑うとドーパミンの分泌量が増えることが、医学的にも証明されています。
  • 好きなもの・美味しいものを食べる…お腹が空いている状態で食べることが大切。幸福を感じるセロトニンも分泌されて一石二鳥の方法です。
  • ランニングやウォーキング…ドーパミンは日光を浴びることでも分泌されます。
  • 好きに歌う…大きな声で好きな歌を歌うことも、ドーパミンの分泌量を増やす要因となるようです。

ドーパミンを増やす他にも、認知症やパーキンソン病に効果が期待されているフェルラ酸サプリなどを一緒に摂取すると、より高い予防対策になると思うので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

パーキンソン病などの症状改善が期待できる
フェルラ酸配合サプリメントを紹介しています

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド