脳の活性化が期待
できるフェルラ酸
サプリについて
調べてみました

フェルラ酸に期待できる効果とは?
認知症予防に!フェルラ酸サプリガイドHOME » フェルラ酸が脳の健康に期待できる理由 » 脳機能改善

脳機能改善

ここでは、フェルラ酸の効果として臨床試験などで明らかになっている脳機能改善作用について解説しています。

フェルラ酸が持つ脳機能改善効果

フェルラ酸は活性酸素の除去や抗酸化作用に優れている植物由来のポリフェノールの一種。数多くの動物実験・臨床実験で脳機能改善効果が実証されています。特に脳の損傷を防ぐ効果が高いと言う臨床データがあり、アルツハイマーをはじめとする軽度認知症の症状改善に有効な成分として注目されています。

認知症は、現段階では有望な薬はまだ開発されておらず、また、完治が難しいとされる病気。なので、進行を遅らせたり日頃からの予防がとても重要なのです。

脳を元気にするフェルラ酸が
たっぷり配合されたサプリメントはこちら

研究で明らかになっている脳機能への効果

2007年にはマウスを使った実験で、フェルラ酸には脳神経保護作用があることが報告されました。また、実際にアルツハイマー型認知症患者を対象にとした研究も行われています。

その臨床試験では、米ぬかから抽出したフェルラ酸を投与したところ、中程度症状の患者は投与の6ヶ月後まで改善状態が続き、軽度症状の患者は投与開始から9ヶ月もの間、症状の改善状態が続いたというデータが報告されています。

アルツハイマーの原因物質であるβ-アミロイドペプチドは、長い年月をかけて脳内に蓄積していくことで、脳内に「老人斑」と言う特殊な構造体を作ってしまいます。その構造体が要因となって神経細胞が壊れていき、アルツハイマー型認知症を発症させると言われています。

これらの検証結果から、フェルラ酸は老化や酸化ストレスで引き起こされる炎症や、脳内のβ-アミロイドペプチドを抑制する働きがあると考えられています。また、傷んだ脳細胞の修復や細胞の死滅を防ぐ働きも検証されており、記憶力の向上にも効果が期待されています。

定期的に適量のフェルラ酸を摂りいれることで、軽度認知症の場合は症状の進行を遅らせることが期待できます。認知症の新たな治療方法として、さまざまな神経変性疾患の発症リスクを低減させる可能性があり、今もなお研究が進められています。

脳の健康を保つためのフェルラ酸サプリガイド